登記簿謄本.comでは登記簿謄本や登記事項証明書について詳しく解説をおこなっています

地番について 住所との違いや登記簿謄本取得に必要な地番の調べ方について

地図

不動産の購入や売却などを行うときに住所とは異なる地番という表記がでてきます。

地番は表記方法こそ住所と似ていますが、同じ場所でも地番と住所は異なることが多いです。

今回は地番について詳しく解説し、特に住所と地番の違いや地番の調べ方検索方法についても解説します。

目次

地番ってそもそも何?

地番はわかりやすく説明すると「土地に割り振られた住所のような番号」というのが答えです。

住所はなじみがあり普段から利用していますが、地番は不動産登記簿謄本に記載がされており不動産取引に利用される番号です。

ほとんどの場合「〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目」までは地番も住所も同じです。

しかし末尾の枝番、番地とも呼ばれる例えば「1-1」のような箇所が住所と地番では多くの場合ことなります。

また、あくまで地番は土地に紐づいている番号のため、一つの建物に複数の地番があれば登記簿謄本が複数あり地番が複数あることになります。

また、複雑ですが、建物の登記簿謄本を取得するには地番も住所でもなく家屋番号という別の番号で登記簿謄本を取得します。

例えば自宅に藏がある場合、藏に郵便物は出さないと思いますが、住所は自宅と同じになると思います。

しかし、家屋番号は自宅に1筆、藏に1筆あり違う番号になるのです。

地番や家屋番号は登記簿謄本を取得したり、不動産取引を行う場合などに利用される住所とは別のレイヤーの番号と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

住所と地番の違いは

住所と地番の違いは表記上は枝番が異なり、利用用途が異なるのが違いです。

上記もしていますが、住所と地番は「〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目」までは同じです。

しかし、例えば住所が「〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目1-1」でも地番は「〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目100-2」かもしれません。

区画整理がされている土地では地番と住所が異なります。

一部区画整理がされていない田舎のような場所や昔からある住宅街などでは地番と住所は同じ場合もあります。

特定の場所の地番と住所が同じかどうかは調べてみないとわかりません。

表札や電柱などには地番は記載されておらず以下などの方法で地番を調べてみないと登記簿謄本の取得などはできないです。

地番は登記簿謄本のどこに載っている

地番を調べてみる方法はいくつかあります。

すでに登記簿謄本を持っている方であれば、登記簿謄本の表題部を確認してみると地番が載っています。

これは土地の登記簿謄本のみに掲載されています。

戸建てなどの建物の場合は地番が掲載されていません。

これは地番は土地に振られる番号であり、建物にふられる番号ではないからです。

建物の場合、家屋番号という番号が登記簿謄本の表題部に掲載されていると思います。

マンションなどの区建て登記の場合、所在という項目に地番が載っています。

マンションの場合、土地の面積が広いため、複数の地番にまたがり建物が建っている場合が多いです。

そのため、所在に複数の地番が掲載されていることが多いです。

また、戸建ての場合もマンションの区建てのい場合も建物の登記簿謄本の説明をしましたが、建物の下には土地があるため、土地の登記簿謄本を取得すると建物の下の土地の情報がわかります。

登記簿謄本全体の読み方については「登記簿謄本の読み方について 建物土地登記の違いや表題部甲区乙区について解説」に詳しい解説をしているので読んでみてください。

「住所から地番」に変換する方法

登記簿謄本を保有していない場合、地番を調べて登記簿謄本を取得する必要があります。

地番が何かしらの方法でわかれば簡単ですが、わからない場合調べるしかありません。

調べ方としては、以下などの方法があります。

地番と住所を相互に変換できる地図 ブルーマップ

最も有名な住所から地番を検索できる地図があります。

ゼンリンから発売されているブルーマップです。

ブルーマップは住所の地図のレイヤーの上に地番表記もされている特殊な地図です。

住所さえわかれば、住所からブルーマップを調べ、地番を割り出すことができます。

不動産業者などでは最も一般的な方法で登記簿謄本を取得するため、不動産取引を行うための第一歩だといえます。

ただし、ブルーマップにも弱点があり、ゼンリンはあくまで民間企業であり、全国のすべての市区町村のブルーマップを発売しているわけではありません。

そのため、需要がない地域ではブルーマップは発売されておらず調べることができません。

また、ブルーマップは高額であり1冊数万円します。

また、地図なので、常にアップデートされており最新の情報を追い続けなければならずコストが高くなります。

しかしながらブルーマップを利用しなくても地番を調べる方法はあり、以下の方法で調べることができます。

地番検索サービスで住所から地番を検索できる

ブルーマップを利用しなくても無料で地番を調べる方法があります。

それは民亊法務協会が運営している登記情報提供サービスの地番検索サービスを利用するという方法です。

住所がわかればブルーマップがなくても地番を検索することができます。

オンラインで検索ができ、登記情報提供サービスのアカウントを作成すれば無料で利用することができます。

地番検索サービスについては「地番検索サービスが非常に便利 使い方や注意点ついて」を参照してみてください。詳しい検索方法を掲載しています。

地番を検索できる範囲はほぼブルーマップと同じなので、地方など一部地域は検索ができない他、サービスを提供している時間が平日の8時30分から21時までと限られており、土日祝日や時間外が検索できないのがデメリットです。

また、ブルーマップと異なる点として、ブルーマップはゼンリンの住宅地図という地図をベースに作成しているため戸建ての表札など細かい情報まで掲載がされていますが、登記情報提供サービスの地番検索サービスではマンション名やビル名は掲載されていますが。個人の表札名などは掲載されていません。

ブルーマップを保有していない個人の方が自分の自宅の登記簿謄本を取得したいなど少しだけ地番を調べたいということであれば非常に有効です。

登記情報提供サービスについては「登記情報提供サービスの利用方法と料金や一時利用、登記簿謄本との違いなど注意点」に詳しく記載しているので読んでみてください。

地番の細かい場所を確認する地図 公図

地番は土地に付与されている番号です。

住所であれば実際の建物と建物で塀などの境界線があり何となくは住所が判断できます。

しかし、地番は土地に線が引かれているわけではなく、一つの空地などでも複数の地番が存在していることはよくあることです。

そのため、1か所を中心としてその周りの地番の状況がどのようになっているかを知る方法として公図という地図を確認する方法です。

公図は登記情報提供サービスでも取得ができ、特定の地番を中心として境界線が引かれている状態で回りの地番まで掲載がされています。

ブルーマップの場合は細かい境界線は引かれておらず、さらに分筆された土地や小さい土地に関しては地番が掲載されていないことがあります。

公図であれば最新の地番の状況や境界線までわかるので、複数筆の登記簿謄本を取得しなければならないときなどに非常に有効です。

デメリットとしては、公図の取得にはお金がかかることと公図はあくまで参考の地図のため、正式な測量書類ではないという点です。

土地の境界線は境界確定図を用いて判断する必要があります。

地番は法務局で確認できる

ブルーマップが提供されていない土地や地番検索サービスでも検索できず、そもそもの地番がわからない場合、公図も取得できないため、いきづまります。

その場合、法務局に電話などして確認することで地番を調べてもらうことができます。

調べたい地番の住所や表札名などを管轄の法務局に電話し確認することで調べて連絡を頂くことができます。

管轄によりすぐ調べて電話をつないだままその場で回答してくれる場合と折り返し電話連絡をくれる場合があります。

この方法があれば全国どこからでも地番を調べることができます。

電話代はかかりますが、調べてもらうこと自体は無料で実施してくれます。

「地番から住所」を調べる方法

上記では「住所から地番」を探しだす方法を解説しましたが、地番から住所を探し出す方法もあります。

利用目的としては、例えば登記簿謄本の共同担保目録に離れた地番が載っておりその住所が必要な場合など地番から住所を探し出すときなどに利用します。

住所から地番を探し出した時のツールで探す

ゼンリンのブルーマップや民亊法務教騎亜が運営する登記情報提供サービスの地番検索サービスを利用して探し出す方法です。

しかし、この方法は時間がかかります。

名前のごとく「地番検索サービス」であり「住所検索サービス」ではないので、地番から住所を探し出す機能はついていません。

ブルーマップに関しても同じく目次に住所から検索する機能がありますが地番に関しては目録がない状態です。

そのため、ある程度目星をつけたら自力で目視で探す方法しかありません。

しかしながら、慣れれば地番から住所を逆引きし調べることが可能です。

ゼンリンのGISパッケージを利用する

ゼンリンでは、ブルーマップをオンラインで利用できるサービスを不動産業者向けに発売しています。

GISパッケージを利用すれば地番を検索する機能がついており、一気に対象地番を地図上に表示してくれます。

この方法であれば地番がわかれば1筆あたり30秒くらいで住所を調べることが可能です。

地番について 住所との違いや登記簿謄本取得に必要な地番の調べ方のまとめ

地番は登記簿謄本を取得する場合や不動産取引を行う場合に必ず必要な土地の番号になります。

住所や建物の家屋番号とも違う番号で「〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目」までは住所や家屋番号と共通です。

地番は土地の登記簿謄本の表題部に掲載しており、地番はだれでも調べることができます。

地番がわからない場合は、ゼンリンが発売しているブルーマップを利用するか、民亊法務協会が運営する登記情報提供サービスの地番検索サービスで検索する、公図を取得する、法務局に電話するなどの方法で地番を調べることができます。

ぜひ土地の登記簿謄本を取得する場合、上記方法で住所から地番に変換し謄本を取得してみてくださいね。

また、不動産やお金の知識についてより詳しく学びたい場合、無料会員でも十分勉強ができる「14日間の無料お試し!お金の知識を学び、自ら稼げる人間になるためのサービス Casegood」もおすすめなので試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる