登記簿謄本.comでは登記簿謄本や登記事項証明書について詳しく解説をおこなっています

地番検索サービスが非常に便利 使い方や注意点ついて

地番提供サービス

登記簿謄本を取得しようとしたときに住所はわかるものの地番がわからないということはありますでしょうか。

そんなときには登記情報提供サービスが無料提供している地番検索サービスが非常に便利です。

今回は地番検索サービスの使い方や見方、地番検索サービスエリア提供外の地域の対応方法などを解説します。

目次

地番検索サービスは無料で利用できる住所から地番を探せる地図

地番検索サービスは登記情報が取得できる民亊法務協会が運営する登記情報提供サービス内で検索ができるサービスです。

登記情報提供サービスの会員にならないといけないのですが、一時利用であれば無料で登録ができ、会員さえなればログイン後に無料で地番検索サービスを利用することができます。

地番提供サービスは、登記情報を取得するために必要な地番を地図上で確認することができるサービスで、事前情報としては住所がわかれば地番が確認できます。

ただし、中には一つの住所に複数の建物がある場合もあるのでその場合は地図上のどの建物かということは事前に調べておく必要があるでしょう。

地番検索サービスとブルーマップの違い

地番検索サービスの地図自体はブルーマップとベースとして作成されている地図です。

地番検索サービスとブルーマップの違いは個人宅の表札名が表示されていないところです。

ブルーマップであれば個人宅の表札名が表示されていますがブルーマップではビル名やアパートマンション名は表示されているものの個人宅の表札名は非表示になっています。

そのため、住所が1つに対し、個人宅が複数あり地番を複数筆に分かれている物件の登記情報を取得する場合は事前にどの建物かを判断しておく必要があります。

地番検索サービスは、普段からゼンリンのブルーマップや住宅地図を見慣れている方であれば比較的簡単に地番を調べることができます。

しかしながら、ブルーマップを利用したことがない一般の方からすると特殊な線が描かれており地図の見方が難しいかもしれません。

地番検索サービスの使い方

民亊法務協会

地番提供サービスは登記情報提供サービスにログインできれば利用できます。

登記情報提供サービスのログイン方法、アカウント解説方法については「登記情報提供サービスの使い方を画像付きで解説 登記事項証明書の全部事項証明書の取得方法」を参考にしてみてください。

登記情報提供サービスにログイン後、「不動産請求」の画面から地番提供サービスにアクセスすることができます。

「規約に同意する」にチェックをいれ、PCかiPadか利用するデバイスを選ぶと利用画面に移動します。

規約に同意する

地番検索サービスの検索方法は主に2つ

地番検索サービスの検索方法は主に2つです。

左側の住所から絞り込みを行う住所検索や駅や主要な建物から検索をする目標物検索と右側の地図部分を動かしながら検索する検索方法です。

利用方法としては、住所検索と地図部分の検索を組み合わせて利用します。

最初に住所検索で特定の住所を入力

最初に住所で今回登記情報を取得した住所を検索します。

住所は正確に入れると左中から下部分に候補となる住所が表示されます。

しかし、正確に入力しないと上部に赤文字で「〇まるに該当する住所が検索できませんでした」と表示されます。

に該当する住所が検索できませんでした

また、例えば東京都庁を検索するときに東京都庁の住所である「東京都新宿区西新宿2丁目8-1」ではなく「東京都新宿区西新宿2丁目8-2」と誤って検索をすると枝番を一つずつ削除していき、該当がある「東京都新宿区西新宿2丁目8」の検索結果が表示されます。

その中から対象となる物件を地図上から探します。

地番検索サービスの地図上で左クリックで対象地番を格納できる

対象の建物を地図上で発見できた場合、地図上で左クリックを押します。

すると選択地番という箇所に地番が格納されます。

この番号は例えば地番が「東京都新宿区西新宿2丁目8-1」の場合、「8-1」が格納されたということになります。

「東京都新宿区西新宿2丁目」までは住所も地番も共通です。

枝番部分は住所と地番は同じ場合もありますが、異なる場合が多いので、自宅の登記を上げようとして何のゆかりもない地番が格納されたとしても驚かないでください。

この調べた地番を利用し登記情報を取得します。

登記情報の取得方法の続きについては「登記情報提供サービスの使い方を画像付きで解説 登記事項証明書の全部事項証明書の取得方法」に画像付きで掲載しているので合わせて読んでみてください。

地番検索サービスの地図の読み方

上記方法で住所から地番を探し出すことはできますが、補足として地番検索サービスの地図の読み方を解説します。

地番検索サービスの地図は考え方として通常の住所で構成されている地図の上に別レイヤーで青色の地番の地図が重なっていると考えてください。

黒文字が住所で青文字が地番です。

一つの地番に複数の建物

「東京都新宿区西新宿2丁目8-1」が住所の場合「「東京都新宿区西新宿2丁目」までは住所も地番を共通です。

住所の探し方は黒の丸で8と書かれている箇所が「8-1」の8部分にあたります。

また、黒文字で1と書かれているのが「8-1」の1部分です。

地番に関しては、対象となる住所箇所を青い枠で囲まれていると思います。

地番が仮に「東京都新宿区西新宿2丁目3-4」だとした場合、青枠で囲まれている中の青い細長い丸の数字が「3-4」の3だと思います。

また、青い小さな文字で4と書かれている部分が「3-4」の4になります。

地番検索サービスで注意すること

地番検索サービスを利用するにあたり陥りやすいミスなどをまとめています。

広範囲を表示させると地番が表示されない

地番検索サービスの仕様として地図を広範囲表示させると地番のレイヤーが消えるという現象があります。

地図を広範囲に広げると一番詳細の地図から4つ目に広げたところで青いレイヤーが消えると思います。

この現象は仕様のため、地図上で地番を探すときには再度狭い範囲を表示させ地番レイヤーを復活させましょう。

「一つの建物に複数の地番」や「一つの地番に複数の建物」もある

地番検索サービスも問題というよりは住所と地番の構造上の問題という点ですが、一つの建物に複数の地番が存在していたり、一つの地番に複数の建物が存在しているという現象があります。

一つの建物に複数地番
一つの建物に複数の地番
一つの地番に複数の建物
一つの地番に複数の建物

物理上の土地の境目と権利上の土地の境目は異なっているためこのような現象が発生したり、借地、底地の問題のためこのような現象が行ったりします。

性格な地番の境目に関しては、登記情報提供サービスでも取得できる公図をとり確認するのが早いです。

住所検索がヒットしない場合「<<」ボタンを押してみる

左側の住所検索で正しいと思われる住所を入力しても表示されない場合があります。

その場合、一度落ち着き、住所入力欄の上部に一部の異なる住所が入っていないか確認してみましょう。

例えば上部に「東京都千代田区」と入力されている場合、検索ボックスで「東京都新宿区西新宿2丁目8-1」と入力してもエラーになってしまいます。

その場合、「<<」ボタンを押すと住所範囲が一部消えていきます。

サービスのユーザビリティの問題ですがイラつかず一度落ち着いて異なる住所が入っていないか確認し「<<」ボタンを押してみましょう。

地番検索サービスの提供エリア外で地番を知りたいとき

地番検索サービスは日本全国を対象としているわけではありません。

残念ながらサービス提供エリア外も存在しています。

サービスエリア提供地域に関しては「地番データ提供エリア」のPDFを参照するか、ログイン後に以下「サービス提供エリア」を開いてみてください。

サービス提供エリアについては登記情報提供サービスにログインしていないと閲覧ができません。

サービス提供しているゼンリンも民間企業でビジネスで行っているため、致し方がないところもありますが、提供エリア外の地番を探したいときには法務局で無料で教えてくれます。

登記情報を取得したい住所と建物であれば建物名や表札名、または所有者がわかれば所有者名などを法務局へ電話や窓口で伝えると地番や家屋番号を教えてもらえます。

例えば東京法務局の場合、東京法務局のホームページ上に「地番の照会,証明書の発行関係(03)5213-1370」という表記があります。

この番号へ電話をかければ住所から地番を教えてもらえます。

ただし、管轄の法務局しか確認を行ってくれないため、対象の住所がどこの法務局かは事前確認しましょう。

確認方法としては同ホームページ内に「登記管轄区域」と記載があり市区町村単位で管轄の地域が掲載されています。

地番検索サービスが非常に便利 使い方や注意点ついてのまとめ

住所がわかるものの地番の情報がわからない場合、地番検索サービスを利用するのが便利です。

地番検索サービスは無料で利用できる住所から地番を探せる地図サービスです。

ブルーマップとの違いはマンション名やビル名は地図上で表記されていますが、表札名は表記されいないなどの違いがあります。

地番検索サービスは登記情報提供サービスにログインできれば利用できます。

利用方法は住所が明確にわかる場合住所を直接入力して検索することができます。

曖昧な住所しかわからない場合も地図上で対象の場所をクリックすることで地番を確認することができます。

地番検索サービスで注意することとしては、地図の使い方にクセがあることと地番と住所の関係上、一つの住所に複数地番や複数の住所が一つの地番上に表記されていることもあります。

また、地番検索サービスは全国提供はされておらず、一部地域に関しては法務局に電話し住所から地番を割り出してもらう必要もあります。

これら点に注意しながら無料で利用ができる地番検索サービスをうまく活用してみてくださいね。

また、不動産やお金の知識についてより詳しく学びたい場合、無料会員でも十分勉強ができる「14日間の無料お試し!お金の知識を学び、自ら稼げる人間になるためのサービス Casegood」もおすすめなので試してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる