登記簿謄本.com

登記簿謄本や登記事項証明書について詳しく解説するサイト

「 登記事項証明書 」 一覧

お金

登記簿謄本(登記事項証明書)の手数料・料金について

登記簿謄本が必要なとき手数料がいくらか調べにくいですよね。また、登記簿謄本以外にも全部事項証明書や登記事項要約書などさまざまな登記書類の種類があります。不動産登記に絞り込み各種登記簿の手数料についてまとめています。

登記・供託オンライン申請システム

登記簿謄本(登記事項証明書)をオンラインで取得する方法 日数やスマホは可否についても

登記簿謄本をオンラインで取得してほしいということを不動産会社などから言われることがあるかもしれません。「登記簿謄本のオンラインでの取得」は「登記事項証明書のオンラインでの取得」と同じ意味になります。登記簿謄本(登記事項証明書)のオンライン取得の方法について解説します。

所有者事項とは何?見本や料金、全部事項証明書や登記事項要約書の違いを解説

登記情報提供サービスで登記情報を取得しようとするときに「請求事項の種類」の中に「所有者事項」という項目があります。所有者事項ではどのようなデータが取得できるのか、全部事項証明書との違いや要約書との違いについてわかりやすく解説していきます。

共同担保目録

共同担保目録とは 登記簿謄本からわかりやすく見方を解説

共同担保目録はぱっと見では表題部や甲区、乙区と異なり意味が理解がしにくく見方がわかりにくい項目です。登記簿謄本や登記事項証明書の中の全部事項証明書の共同担保目録について詳しく解説したいと思います。

登記情報提供サービスの使い方を画像付きで解説 登記事項証明書の全部事項証明書の取得方法

登記事項証明書の全部事項証明書の取得が必要な場合、民亊法務協会が運営している登記情報提供サービスを通じてオンラインで取得が可能です。
登記情報提供サービスの使い方は独特で慣れないと申請がしにくいともいえます。
今回は初めて登記情報提供サービスで不動産の登記事項証明書の全部事項証明書を取得する方向けに画像付きで解説をします。

登記の用語の違い

登記簿謄本、登記事項証明書、全部事項証明書、登記簿、謄本などの違いを解説

登記簿謄本が必要と言われ取得方法を探していると登記簿謄本と似た言葉で、登記、謄本、抄本、登記事項証明書、全部事項証明書、現在事項証明書、一部事項証明書などおなじような情報がでてきて一体何が違うのかわかりにくいですよね。これら言葉の違いについて詳しく開設したいと思います。

登記情報提供サービス

登記情報提供サービスの利用方法と料金や一時利用、登記簿謄本との違いなど注意点

登記簿謄本を取得しようとしたときオンラインで簡単に取得できる方法として登記情報提供サービスというサービスがあります。法務局に行かずとも登記の内容が確認できるサービスですが利用方法に癖があり難しい点や気を付けるべき点が多数あります。今回は登記情報提供サービスで登記簿謄本を取得する方法や気を付けるべき点について解説したいと思います。

Copyright© 登記簿謄本.com , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.